医療法人 慶友会 城東病院 病院機能評価認定病院

HOME > 当法人について > 『ACP』アドバンスケアプランニングについて

『ACP』アドバンスケアプランニングについて

『A C P』に基づき、最後まで豊かな人生を

 

『いつまでもあなたらしくいられるために』

 

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)に基づき、最期まで豊かな人生を

 

誰にでも1日1日の物語があります。その物語を積み重ねていくことが人生です。普段から私たちは自分で意思を形成し、それを表明しながら日常生活・社会生活を送っています。人は生まれると、共通の運命として最後に『死』があります。最期までの自分の物語をプランニングしていきましょう。
特に、もしもの時に備えてどのような医療やケアを受けたいか、自分自身で考えたり、家族や信頼する人たちと話し合ったりすることを『アドバンス・ケア・プランニングACP』といいます。
私たち医療・介護従事者は本人を中心としたACPの繰り返しが、本人の意思決定支援につながると考えています。あらかじめ、元気なうちから自分の希望・意向を書き残したり伝えておくことができれば理想的です。当院は外来に初めて受診されたときから、お一人お一人とのACPに取り組んでいます。しかしながら、初めてお会いした時にすでに自分の意思をはっきり表明できない方も少なくありません。障害を抱えたり、認知症が進行している場合などです。健常人と同じように意思表示ができなくなったからと言って、その方に『意思』がないわけではありません。私たちは、『いつまでもあなたらしくいられるために』という理念を掲げ、できうる限り最期まで、その方の『意思』を導き出すよう努めています。
本人の発する言葉、いい表情、不機嫌な表情、身振り手振り、身体の状態。様々な角度からその方が何を伝えたいのか、どうしてほしいのかをキャッチできるよう日々向き合っております。また、私たちと出会うまでのその方の人生を、本人から、あるいはご家族や周りの方々から伺うことにより、今どんなふうに感じるのか、考えるのかを想像します。医学的な最善が本人の最善とは限りません。医学的な無益が本人に無益とも限りません。本人の選択が必ずしも最善ではないこともあるでしょう。最期まで本人の『意思』を尊重しACPを重ねチーム医療を実践しながら、本人の尊厳を支えていくのが私たちの役割であると思います。

 

Copyright © JOTO HOSPITAL, All Rights Reserved.

ページTOPへ戻る