医療法人 慶友会 城東病院

公式
Twitter

HOME > 城東だより > 『想い』

『想い』


先日、今年3月に介護医療院に入所され、先月他界されたご家族様より法人宛にお手紙とスタッフ・ご本人様の似顔絵のプレゼントをいただきました。
お手紙の一部を紹介させていただきます。

(文面途中から)
『祖父はどこかプライドがあって素直じゃないという印象もありました。その祖父が老いて、この世を旅立つ時には素直な祖父に変わりました。もちろん本人が変わろうと思わなければ変わることは難しいですが、スタッフの皆様との関りがあったからこそだと思っています。身内の死は祖父が初めてですが、今でも家族で「他の病院ではできない事をたくさんしてもらえたから、安らかな最期を迎えられたよね」と話しをしています。まるで仲の良い家族のように接してくださり、自分の好きなものを食べられる。大変な世の中にも関わらず家族と会える。その他にも私達が知らない何気ない日常が祖父の心を開いていったものだと思います。だから最期の顔も穏やかな笑顔でした。今生の姿を消す時も「思い残すことなんてないよ~」と言わんばかりの去り方でした。そのおかげで今、私達も悲しむどころか、思い出話で笑い転げてばかりいます(笑)。(一部抜粋)


似顔絵のイラストもお孫様が特に関係のスタッフとご本人様を描いてくれたものでした。みんなそっくりで驚愕です。


このようなうれしい感謝のお手紙をいただき、関係スタッフは身に余る思いです。
ご本人様のこれまで送られてきた人生やお気持ちを本当によく考えられていたご家族様で『想い』からご本人様の人柄が伺えました。
実際にスタッフに本人様のお話を聞くと、入所期間中のたくさんのエピソードを聞く事ができました。

私たち法人の基本理念に『いつまでもあなたらしくいられる為に寄り添います』があります。
患者様・入所者様お一人お一人がそれぞれの人生を送られてきた背景と思いに想いを馳せ、そのご家族様の想いも汲みとって、医療や介護を提供させていただくことと考えています。
今回頂いた感謝のお気持ちを宝物として忘れずに、多くの方に良い医療・良い介護が提供できるよう努めていきたいと思います。

(※お手紙についてはご家族様の同意を得て掲載をさせていただきました。)

- 城東病院グループ -

Copyright © JOTO HOSPITAL, All Rights Reserved.

ページTOPへ戻る